建設関係の皆さん!そのお悩み解決しませんか?
業界をリードするマッチングサイト!

交流の広場

お役立ち

コメント受付終了

熱中症の“予防や対策”、困ったときの“応急処置”をご存じですか?

熱中症の“予防や対策”、困ったときの“応急処置”をご存じですか?

コメント受付終了

サガツク管理者さん 本会員

Lv46

この記事は615回閲覧されました

いいね!を追加 お気に入りを追加

2023/07/11投稿

0

0

業種・職種
指定なし
関連地域
指定なし

気温が上がりはじめる初夏や梅雨明けから、体が暑さに慣れていないのに気温が上昇する今の時期は屋内外に関わらず、特に危険な時期となっています。無理をせず徐々に体を慣らすようにし、日常やお仕事の際には、以下のことに気をつけながら予防・対策の工夫をしましょう。熱中症は、正しく対策を行うことで防げます!

[熱中症とは・・]
熱中症は、高温多湿な環境に、私たちの身体が適応できないことで生じるさまざまな症状の総称です。いつでもどこでもだれでも条件次第で熱中症にかかる危険があります。

[熱中症の症状]
以下のような症状が出たら、熱中症にかかっている危険性があります。
 ・めまいや顔のほてり
 ・体のだるさや吐き気
 ・汗のかきかたがおかしい(大量の発汗)
 ・体温が高い、皮膚の異常
 ・呼びかけに反応しない、まっすぐ歩けない
 ・水分補給ができない
 ・筋肉痛や筋肉のけいれん等

[熱中症の予防・対策]
正しい予防方法を知り、普段から気を付けることで防ぐことができます。
 ・空調などで気温と湿度を快適に保つ
 ・吸湿性・速乾性などの快適な衣類を着用する
 ・こまめな水分と適度な塩分の補給をする
 ・適切な食事と睡眠環境を整える
 ・熱中症警戒アラートが発表された時は、外出を控え暑さを避ける

[熱中症の応急処置]
1.涼しい場所へ避難する
 エアコンが効いている室内・車内や風通しのよい日陰に移動し安静にする
2.衣類をゆるめ、身体を冷やす
 氷枕や保冷剤で両側の首筋、脇の下、足の付け根を冷やし体温を下げる
3.水分や塩分、経口補水液を補給する
 水1Lに対して塩分は1g~2gまたは水分と塩分を含むタブレットなど
※応急処置をしても症状が改善されない場合は医療機関を受診しましょう。
※暑さの感じ方は人により異なります。その日の体調や暑さに対する慣れなどが影響します。体調の変化に気を付けて、自力で水が飲めない、嘔吐、応答がおかしい時などはためらわずに救急車を呼びましょう!

その他、参考になるお住いや管轄の自治体のホームページなどもご覧ください。

2023/07/11投稿


0

0

サガ...さん 本会員

Lv46


この記事は615回閲覧されました

いいね!を追加 お気に入りを追加

コメント

コメントはありません。

新規会員登録について
一覧に戻る
ページの
先頭へ